Wikiで学ベ!
08 | 2014/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量子テレポーション
今日出てきたのは「量子テレポーション」。

物理学が苦手な僕には「量子」というものが分かりません。
「テレポーション」はSF小説などで聞いたことがありますが、
物理学上ではどのような概念になるのでしょうか。

量子テレポーテーションとは、
遠く離れた場所に古典的な情報を転送することで、
量子もつれの効果により量子状態を転送が可能とするいうものだそうです。

そう言われてもさっぱり分かりません。

「テレポーテーション」という名前がついているのは、
僕が考えているような「粒子が空間の別の場所に瞬間移動する」のではなく、
量子もつれの関係にある2つの量子のうち、
一方の状態を観測すると瞬時にもう一方の状態が確定することから。

といわれてもやっぱり分かりません。

ここでポイントとなるのは「量子のもつれ」という言葉。
これを理解しないと先に進めそうにありません。

で、「量子のもつれ」を調べてみますと、
複合系がそれを構成する個々の部分系の量子状態の積として表せないような状態にあるときに、
非局所的な相関が現れる現象のことだそうです。

余計分からなくなってしまった気がします。

話を量子テレポーションに戻しますと、
記事の中に原理について具体例が書かれていました。

AさんからBさんに量子状態を転送するとします。
AさんはEPRペアの光子2つ(光子1、光子2)を生成し、
光子2をBさんに送ります。
次にAさんは光子1を観測します。
すると古典的な情報転送によって、
Bさんに光子2の量子状態を知らせることができるというわけです。

そろそろ僕の文系の脳がフリーズしそうなので、
この辺で終わりにしたいと思います。
FC2 Management

テーマ:物理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wikidemanabe.blog66.fc2.com/tb.php/20-26ae5286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ご案内

ウィキペディア日本語版のおまかせ表示機能で、ランダムに表示された記事で学ぶ(遊ぶ)ブログです。
Wikiについてあれこれ学ぶブログではありませんので、そのあたりはお間違いないようお気をつけください。
Wikipediaメインページはココをクリック!


最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

温かいコメントは励みになりますね。

最近のトラックバック

関連記事がありましたらお教え下さい。

リンク

ご訪問いただき有難うございます。

このブログをリンクに追加する

PR

プロフィール

wikidemanabe

Author:wikidemanabe

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。